ダイエットはランニングとか楽なのが一番!!

大好きな甘いものを食べない!
ランニングをする!

そんな辛いのは嫌だ。
でも、痩せたい。このまん丸い顔を、体をなんとかしたい。

わかっている。
甘いものを食べたら太るし、運動をしなきゃ痩せないことは。
それでも、やっぱり辛いのは嫌だ。

そんな私が出会った、楽チンダイエットを紹介します。

まずは、自分を知ることからスタートしました。
そもそも、なんで太ってしまった?というところから考えてみます。
甘いものを食べていても、太ってない人もいるし、
ランニングしていなくても、スラっとしている人もいる。
何よりも疑問だったのが、たくさん食べる友人よりも自分の方がなぜ太っている?ということでした。

大食いでも痩せ型の友人と話していた時に気づいたのが、自分が便秘だということ。
出るものが出てなくて、体に溜まっているのだからそこを何とかしてみたら変わるのではないかということです。
そこで便秘の解消方法について調べてみると、ダイエットよりも楽な対策が多いことに気づきました。その中でも一番簡単にできそうなのが、朝一番に白湯を飲むこと、そして決まった時間にトイレに行くこと。この二つです。
朝一番に白湯を飲むことで腸の活動をよくして、決まった時間にトイレに行くことで快便習慣をつける。すぐに効果なんて出なくても、これくらいのことなら習慣にできると思い続けてみました。1ヶ月がんばるともう習慣になっており勝手に体が動くようになりました。そして、そんな短時間じゃ私の便秘は治らん!と思っていましたが、少しずつ便がでない日数が減っていました。快便に少し近づきつつあり、なんだかウキウキします。それだけでなく、体重も少しずつ減っていき、顔のくすみや吹き出物なんかも少しずつ改善されていくというすごい効果!便秘を侮ったらいけなかったなと感じる瞬間でした。

そんな私が、次に挑戦したいのは好きなものためにお腹のスペースをあらかじめ開けておくということです。
これもまた、スラっとした友人から学んだことです。
その友人はご飯を残していましたがガッツリデザートは食べていました。私はいつも、外食をするとなんとなくお腹いっぱいでも全部食べてしまい、その後のデザートもお腹いっぱいと感じながらも大好きな甘いものなのでガッツリと食べてしまっていました。そして、お腹いっぱいになりすぎてまっすぐ歩けないなんておバカなことも何度か…。デザートは別腹なので食べれてしまうのですが、やっぱりあとは苦しい思いもしているわけです。なので、この友人のようにデザートの分の余裕を残してスマートに食事をするという習慣を次はつけていきたいなと思っています。甘いものをやめるよりはずっと楽な食事制限だから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *