ジョギングダイエットはゆっくりと習慣化しよう。

デスクワークの仕事が中心になって早3年。

運動というものが日常から離れてしまったので、僕の体重はものの見事に増加の一途を辿ってしまった。

昼食のランチでの大食いもよくするので、太って当たり前だ。

風呂上がりなんて鏡を見るとだらしない中年の体そのものになってきた。

この体を変えて、もっと男らしい体になるためにジョギングを始めることにした。

気合を入れてジョギング用のウェアやシューズを買い揃えて、いざ走り始めたのだが自分でも思った以上に体力が落ちていたようで5分もしない内に歩いてしまった。

身体の衰え方にショックを感じつつ、最初から無理はいけないと思い、まずはこの習慣を確立させる事を目標にすることにした。

自分の中で決めたルールが「疲れたら歩く」だった。

もしこれが「必ず一日30分走り続ける!」とかだったら、体力のない僕からしたら余りにもキツイ目標なので、継続することは出来なかったと思う。

辛いことは習慣化するのは相当エネルギーがいると僕の人生経験上分かっていたので、まず楽しめるレベルから目標にすることにした。

とりあえず一日15分から始めることにして、疲れたら歩いて、回復したらゆっくりと走るルールだったので、比較的簡単に習慣化は出来た。

人間の体は面白いもので、堕落した僕の身体でも毎日続けている内に徐々に体力がついていくのを実感できた。

1ヵ月継続後、ふと自分の体が変化していることに気づいた。
それは通勤時の階段の昇り降りだったり、体の怠さが少なくなっていたり、仕事の集中力度合いが変わっていたりなど、嬉しい変化がいっぱいあった。

15分を歩かずに走れるようになった段階から、徐々に走れる時間を伸ばしていこうと思い、2週間毎に5分ずつ増やしていくことにした。

変え始めた頃は大変だけれど、2週間同じ状況に居ると体もすぐに慣れて簡単になってくる。

そんなこんなを繰り返して数カ月後には見事1時間ぶっ続けで走れる体になった。

日常生活を送る上で、これ以上時間を増やす必要は無いと思い、1時間に留めているが、それでも十分に効果は感じられる。

70キロあった体重も60キロ前半まで落とすことが出来たし、見栄えもだいぶスマートになってきた気はする。

それと上にも書いたが嬉しい副次的な効果が仕事での集中力が上がったのが嬉しかった。

前よりもデスクワークに集中できるようになり、仕事の効率も上がったので良い意味で時間が経つのが早くなって充実した日々を送っている。

これからもジョギング習慣を続けて、フルマラソン完走できるように頑張っていこうと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *