All posts by jjj

40代で始めたバナナダイエット

男性の私、現在53歳の話です。30代後半に健康診断を受診した時の医師の「40代になれば脂肪も燃焼しにくくなり、痩せにくくなりますよ」という言葉を省みず、変わらぬ生活を送っていると、43歳の頃には、身長166cm、体重70kg、腹囲88cmのメタボになってしまい、30代後半に忠告を受けた医師の言葉を省みなかったことを後悔し、これではだめだと何かそんなに負担に感じない長続きしそうなダイエット方法はないかと思っていました。まず最初に始めたことは、3度の食事を満腹まで食べないこと、歩く量を増やす、アフターファイブのお酒の付き合いを減らすなど、試みましたが大した効果がなく、やはりジムにでも通い体を追い込んで減らすしかないかと思っていました。そんな時、テレビでバナナダイエットの特集を放送しているのをたまたま見る機会があり、毎日朝食をバナナ1本と水だけですますだけで、あとは普段と変わらない生活でダイエット効果があるという内容で、これならバナナは嫌いでもないことと、朝食が短時間で済ますことができることで、手軽で長く続けられそうだと思ったので、さっそく実行に移しました。しかし、最初は直ぐにお腹がすき、仕事に集中することが難しくなり、これではだめだと考え、飴をなめることで、空腹感を紛らわせ対処法しました。(ただし、採り過ぎはいけないと思い、せいぜい昼食の時間までに2から3個程度にとどめていました)人間の体とは偉いもので、日にちの経過とともに昼食までの空腹感に慣れてきて、そんなに苦にならなくなり、仕事に支障をきたすことはなくなりました。また、昼食と夕食も食べ過ぎには注意し、アフターファイブの飲み会でも食べ過ぎ飲み過ぎに注意していると、だんだん腹囲も締まってきたような実感が持てるようになり、1年間続けた結果、体重が61kg、腹囲が77cmとなり、余談ですが、その他の血液検査のいろんな数値も良い方向に変化していました。その後も苦にならない程度にゆるく続けていますが、やはり少し油断をして食べ過ぎてしまうと、体重が1k、2kと増えてしまいます。しかし、少し引き締め、いつも通りに行うとすぐに元に戻ります。又、数年前からは、昼食を家内の愛妻弁当に変えることで、外食と違い、食べる量が一定となるため、食べ過ぎずに済むようになりました。(家内に感謝)私にとっては、このバナナダイエットが体質的にも精神的にもあっているらしく、苦にならないので、53歳になる今でも継続して続けています。だいたい平均すれば、体重は、62kg前後、腹囲は78cm前後で落ち着いています。

バリ人が教える!痩せるお茶の飲み方とダイエット方法まとめ

烏龍茶といえば、ポリフェノールも含まれているため、なんとなくダイエットに効果のある飲み物である!というイメージが強いと思います。焼き肉やお好み焼きなど、脂っこい食べ物の食事の友としては、やはり、烏龍茶を選択することが多かったです。そういったお店に必ず置いてあるということは、それだけ、需要があるということだと思います。

実際、飲んだあと、後味はスッキリとするし、かといって、本来の食事の味を邪魔しないため、非常に万能な飲み物だと思っています。
さらに、ごくごく簡単に手にいれられるという点の、魅力のひとつだと思います。
各種飲食店(居酒屋含む)のメニューにはもちろんのこと、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどでも販売されているので、いつでも手元にキープすることができます。また、粉末タイプやティーパックタイプもあるため、家で作って置くこともでき、お財布にも優しいので、非常に心強存在です。
烏龍茶がダイエット以外にどういった効果があるのかと、気になって調べたことがあります。
そこで、美肌などにも効果があるということを知りました。良い成分が入っているようで、シミやシワといった女性の悩みを軽減してくれる効果があるという情報を目にしたのです。これは、いいなと思い、さっそく烏龍茶を定期的に飲

もうと思いました。しかし、飲み過ぎると、逆に胃に良くないということだったので、食事をするときに、一緒の時に飲むというスタイルにしたんです。もちろん、適量であれば、食事中以外でも大丈夫だと思います。私の場合、寝る前に、温めてホット烏龍茶にして飲むということもあります。リラックスできるんです。

専門家が監修を務める痩せるお茶ランキングでもその魅力は紹介されています。

日常生活で、烏龍茶を口にするときは、お昼の時間が多いです。もともと、タンブラー(保温効果のある水筒)を持ち歩いていたため、それに、烏龍茶をいれることにしました。量としては、大体500のペットボトル1本分にしています。

そのほか、口臭予防や虫歯などにも効果があるということ最近を知りました。たしかに、意識的に烏龍茶を飲むようになったから、4年ほどたつのですが、最近、歯医者に行ってないことを思いだしました。
烏龍茶は本当に万能な飲み物だったのだと、あらためて感じています。それでいて、手軽に手にいれられるので、飲み続けることが困難ということもありません。
肌のメンテナンスには、お金がかかってしまうものですが、身近にあるもので、さりげなくサポートしてくれるもで、今後も定期的に烏龍茶を取り入れていきたいと思います。

中華料理などでよく出てくる、プーアル茶。

フライなどの脂っぽい食事を摂っても、スッキリさせてくれるプーアル茶は
美味しいだけでなく、女性に嬉しい効果が高いお茶なんです。

私がプーアル茶を飲み始めた切っ掛けは、中華街で試飲したプーアル茶が美味しかったから。
ダイエットなどの効果を求めず、ただ美味しいだけの理由で始めたプーアル茶でしたが
飲み始めたら、なんとなく元気になり、食事制限などをしていなくても、体がスッキリしはじめたのです。

そんな効果を実感してから、プーアル茶について成分などを調べてみました。

プーアル茶に含まれる成分として有名な成分は
ミネラルやビタミンは勿論、ポリフェノール・カテキン・タンニン・など美容サプリに使われている
成分が豊富に含まれていることが分かりました。

その中で特に注目の成分である、ポリフェノール・カテキン・タンニンについてそれぞれに期待できる
効果をまとめてみました

ポリフェノール&カテキンのダブル効果!
まずは有名な効果として、ダイエット茶としても人気の高いプーアル茶。
ダイエットに効果があると言われている理由の1つは、プーアル茶に含まれるポリフェノール。
このポリフェノールが脂肪分解に効果を発揮する成分の1つ。
そして、ポリフェノールだけでなく、脂肪燃焼効果のあるカテキンも含まれているため、脂肪を分解しつつ
さらに脂肪を燃やす効果をプラスして、結果としてダイエットの効果があるのです。

「菌に勝て」が名前の由来。風邪を引けない忙しい人にも最適。
そして、プーアル茶に含まれているカテキンは、健康維持にも重要な成分。
もともとカテキンという名前の由来は「菌に勝て」でカテキンとなったと言われる程に、風邪予防などの
効果がたかく、毎日忙しく働く人に適したお茶です。

ポリフェノールは体のサビを防ぐ対老化成分。
脂肪分解の効果がある、ポリフェノールですが、実は体を酸化させると言われている、活性酸素にも
効果を発揮すると言う事が、近年判明されました。

その効果は、インナーサプリとしてポリフェノールを摂取すると日焼け防止にもつながると言う事。
さらに、ポリフェノールには、活性酸素を抑える効果もあるため、活性酸素が原因で出来てしまう
シミを抑え、肌のハリも守ってくれる効果があります。
お肌のハリを守ると言う事は、小シワなどにも効果が発揮されるのではないかと期待大です。

このように、プーアル茶はただ美味しいだけでなく、女性の悩みであるダイエット・健康・美容に
効果がある、大変優秀なお茶です。

ジョギングダイエットはゆっくりと習慣化しよう。

デスクワークの仕事が中心になって早3年。

運動というものが日常から離れてしまったので、僕の体重はものの見事に増加の一途を辿ってしまった。

昼食のランチでの大食いもよくするので、太って当たり前だ。

風呂上がりなんて鏡を見るとだらしない中年の体そのものになってきた。

この体を変えて、もっと男らしい体になるためにジョギングを始めることにした。

気合を入れてジョギング用のウェアやシューズを買い揃えて、いざ走り始めたのだが自分でも思った以上に体力が落ちていたようで5分もしない内に歩いてしまった。

身体の衰え方にショックを感じつつ、最初から無理はいけないと思い、まずはこの習慣を確立させる事を目標にすることにした。

自分の中で決めたルールが「疲れたら歩く」だった。

もしこれが「必ず一日30分走り続ける!」とかだったら、体力のない僕からしたら余りにもキツイ目標なので、継続することは出来なかったと思う。

辛いことは習慣化するのは相当エネルギーがいると僕の人生経験上分かっていたので、まず楽しめるレベルから目標にすることにした。

とりあえず一日15分から始めることにして、疲れたら歩いて、回復したらゆっくりと走るルールだったので、比較的簡単に習慣化は出来た。

人間の体は面白いもので、堕落した僕の身体でも毎日続けている内に徐々に体力がついていくのを実感できた。

1ヵ月継続後、ふと自分の体が変化していることに気づいた。
それは通勤時の階段の昇り降りだったり、体の怠さが少なくなっていたり、仕事の集中力度合いが変わっていたりなど、嬉しい変化がいっぱいあった。

15分を歩かずに走れるようになった段階から、徐々に走れる時間を伸ばしていこうと思い、2週間毎に5分ずつ増やしていくことにした。

変え始めた頃は大変だけれど、2週間同じ状況に居ると体もすぐに慣れて簡単になってくる。

そんなこんなを繰り返して数カ月後には見事1時間ぶっ続けで走れる体になった。

日常生活を送る上で、これ以上時間を増やす必要は無いと思い、1時間に留めているが、それでも十分に効果は感じられる。

70キロあった体重も60キロ前半まで落とすことが出来たし、見栄えもだいぶスマートになってきた気はする。

それと上にも書いたが嬉しい副次的な効果が仕事での集中力が上がったのが嬉しかった。

前よりもデスクワークに集中できるようになり、仕事の効率も上がったので良い意味で時間が経つのが早くなって充実した日々を送っている。

これからもジョギング習慣を続けて、フルマラソン完走できるように頑張っていこうと思う。

若かりし頃とは違った本気のダイエット

若かりし頃はちょっと運動すれば痩せました。いや、その前に何もしなくても充分痩せていました。それがどうしたことでしょう。30歳を過ぎた現在、何をしても痩せない。いや、何もしなくても太る。そんな現状を打破するための本気のダイエット日記です。
よく親戚のおばさんたちが集まって「空気吸ってるだけでも太るよね!だははは!」と豪快に笑っている姿を見て、そんなアホな。どうせ何か食べてるんだろう。と思っていました。それが今、心の底からうんうんと頷けるのです。
しかしまだ私には笑いとばせるほどの思いきりの良さはありません。まだまだ花盛りの30代!そう思いたいのです。女優さんなど、30代から綺麗になった方って本当に綺麗で素敵ですよね!女優さんなんて目標が高すぎですが、せめて主婦としては綺麗な方でいたいのです。
明確な目標はできました。では具体的にどう取り組むべきか。手始めに20代で成功したダイエット方法を試みました。ウォーキングを一日に40分と夕飯を控えるという方法です。これで若かりし頃の私は1ヶ月に1kgのペースで合計10kg減量し、その後5年はその体型をキープしていました。
いざ、ウォーキングと夕飯を控えるダイエットメニューをスタート。ところがこれが全くもって痩せないのです。1日ウォーキングを1時間に増やしてみても何100グラム減ったくらいで、悪天候や用事でウォーキングが出来なかった日があったらすぐ元通り。夕飯を控えるのもただ楽しみが減っただけでした。
なぜ失敗に終わったのか。恐らく加齢によって基礎代謝が落ちたのでしょう。子供の出産、育児を経て抱っこのための無駄な筋肉は付きましたが、いつも子供のペースだったために全身を使うような運動を全くしていませんでした。
そこで筋力トレーニングを追加してみました。抱っこのためについた筋肉はまるでプロレスラーのように腕をパンパンに太くしてしまったので、なるべく負荷をかけずストレッチを行うようにしました。すぐに全身筋肉痛になり、やはり体の可動域が狭くなっていたのだなと実感しました。しかしながら筋トレを始めたとたんに体重そのものは増えてしまいました。すぐに筋肉がつくわけはないので、恐らく筋肉痛による浮腫みによるものだと思うのですが、モチベーションはやや下がってしまい、なかなか難しいなと思いました。なかなか長期戦になりそうではありますが、本気でダイエットをするのは今がラストチャンスだと思うので必死に頑張っています。

無理をしないで継続できるダイエットを求めて。

私は北海道在住の56歳男性です。
40歳の誕生日の時に人生で初めてのダイエットをしました。

私は高校生の時から60kg~61kgの範囲で体重を維持してきました。
25歳位までは食べすぎても新陳代謝が良かったので、何もしなくても自然と60kgの体重に戻っていました。
もともとそんなに太りやすい体質ではなかったので、自分自身の体型を意識するような生活は送っていませんでした。

そんな私の体型に変化が出始めてきたのは、35歳を過ぎた頃からでした。
30歳位までは会社の野球チームに入っていて、適度な運動をしていましたが、野球をやめてからは食べる量は変わっていないのに運動量が一気に減ったこともあって、36歳の頃には体重が72kgになっていたのです。

そしてテレビの健康番組でもよく耳にするようになった”メタボリックシンドローム”の見本のような体型になっていました。
太り出す以前のウエストは78cmでしたが、その頃のウエストは95cmにまで広がっていたのです。
それでも食べたいものを好きなだけ食べる生活を続けていた私は、とうとう人間ドックで引っかかってしまいました。

血糖値はやや高めくらいだったのですが、中性脂肪の値がものすごく高くなっていたのです。
中性脂肪の平均値は30~149なのですが、その時の私の数値は680もありました。
検査に行った病院の先生からは、「このまま対処しないで放っておくと膵炎の危険性が高くなります。」と言われました。

私は自分はまだ全然大丈夫だと勝手に思っていました。
「病気になる前に生活習慣を改善していかないとダメだ!」と真剣に思いました。
そして40歳の誕生日を私のダイエットスタート日に設定をして、生活習慣の改善に取り組むことにしました。

やるからには一時の成果で一喜一憂しないように、ダイエットの失敗でよくあるリバウンドにならないように、きちんとした目標値を決めて継続できる内容にしました。それは短期間で体に負担のかかる無理なダイエットをしないということです。

世間でよく聞く「〇〇ダイエット」という、単品の食材だけを食べてそれ以外は食べない偏り過ぎたダイエット法には手を出さないことです。
これは我慢と苦痛の度合いが高いので、長続きはしないし逆に体に悪いと思いました。
私のダイエット法は、食べたいものを食べながら継続できる内容にしました。

「こんな都合の良いダイエット法なんてあるわけが無い!」という人がいますが、間違いなく出来るんです。
私はダイエットの期間を次の誕生日までの1年間に設定しました。
開始から半年経過した時に中間チェックをして、残り半年の取り組み方を見直すというやり方です。

私の目標!40歳ダイエット開始時のウエスト105cmを1年後には80cmにする。
中性脂肪値720を1年後には標準値にする。
日々の食生活の中で自分で気が付いていた不味い点を修正することから始めました。

■食べ過ぎをやめる。
いままで満腹感を得るまで、食べれるだけ食べていました。
早食いは止めて、ゆっくりとよく噛んで食事を摂るようにして腹8分目を意識する。

■脂っこい食事の頻度を減らす。
焼肉やステーキといった脂っこい食事の回数を最初の半年間は今までの半分に減らして、後半の半年間は1/3に減らす。
週に3度のペースで食べていたラーメンを週1回にする。

■魚料理の頻度を脂っこい食事を減らした分増やす。
納豆は最低1日1パックは食べる。
食べられない時は豆腐を食べる。

以上の3点です。
食べる量が減ったくらいで食べることを止めたわけではないので、ほとんどストレスは溜まりませんでした。
そうしてダイエットを開始して半年後の中間チェックでは、予想以上の成果がでました。

105cmあったウエストが88cmまでになっていて、中性脂肪が390まで下がっていたのです。
この結果を踏まえて、修正することなく当初の計画通り進めることにしました。
そして1年経った誕生日に検査にいった結果をもらってきました。

結果はウエストジャスト80cm。測ったように目標通りでした。
そして、いちばん気になっていた中性脂肪値は156でした。
これは目標の正常値より7オーバーで達成は出来ませんでしたが、あと僅かなところまできました。

私は現在56歳ですが、その後もこの食生活は続けていて、今ではウエストも78cm、中性脂肪値は140で正常値です。

ダイエットはランニングとか楽なのが一番!!

大好きな甘いものを食べない!
ランニングをする!

そんな辛いのは嫌だ。
でも、痩せたい。このまん丸い顔を、体をなんとかしたい。

わかっている。
甘いものを食べたら太るし、運動をしなきゃ痩せないことは。
それでも、やっぱり辛いのは嫌だ。

そんな私が出会った、楽チンダイエットを紹介します。

まずは、自分を知ることからスタートしました。
そもそも、なんで太ってしまった?というところから考えてみます。
甘いものを食べていても、太ってない人もいるし、
ランニングしていなくても、スラっとしている人もいる。
何よりも疑問だったのが、たくさん食べる友人よりも自分の方がなぜ太っている?ということでした。

大食いでも痩せ型の友人と話していた時に気づいたのが、自分が便秘だということ。
出るものが出てなくて、体に溜まっているのだからそこを何とかしてみたら変わるのではないかということです。
そこで便秘の解消方法について調べてみると、ダイエットよりも楽な対策が多いことに気づきました。その中でも一番簡単にできそうなのが、朝一番に白湯を飲むこと、そして決まった時間にトイレに行くこと。この二つです。
朝一番に白湯を飲むことで腸の活動をよくして、決まった時間にトイレに行くことで快便習慣をつける。すぐに効果なんて出なくても、これくらいのことなら習慣にできると思い続けてみました。1ヶ月がんばるともう習慣になっており勝手に体が動くようになりました。そして、そんな短時間じゃ私の便秘は治らん!と思っていましたが、少しずつ便がでない日数が減っていました。快便に少し近づきつつあり、なんだかウキウキします。それだけでなく、体重も少しずつ減っていき、顔のくすみや吹き出物なんかも少しずつ改善されていくというすごい効果!便秘を侮ったらいけなかったなと感じる瞬間でした。

そんな私が、次に挑戦したいのは好きなものためにお腹のスペースをあらかじめ開けておくということです。
これもまた、スラっとした友人から学んだことです。
その友人はご飯を残していましたがガッツリデザートは食べていました。私はいつも、外食をするとなんとなくお腹いっぱいでも全部食べてしまい、その後のデザートもお腹いっぱいと感じながらも大好きな甘いものなのでガッツリと食べてしまっていました。そして、お腹いっぱいになりすぎてまっすぐ歩けないなんておバカなことも何度か…。デザートは別腹なので食べれてしまうのですが、やっぱりあとは苦しい思いもしているわけです。なので、この友人のようにデザートの分の余裕を残してスマートに食事をするという習慣を次はつけていきたいなと思っています。甘いものをやめるよりはずっと楽な食事制限だから。

簡単!しょうが紅茶で代謝アップダイエット!

長年、ダイエットをしている私ですが、どれも続かなく唯一続いているのが、紅茶にしょうがをすりおろして飲むだけの「しょうが紅茶」ダイエットです。
食事を代えたり抜いたりするのは、ダイエットをしている気持ちになれて安心してしまうのですが、それでは中々長続きせずどうしても途中で挫折してしまいます。さらに考えることに疲れてしまったり、それこそストレスになったりするんです。
でもこのしょうが紅茶ダイエットは、温かい紅茶にしょうがをすりおろしで飲むだけで、身体を温めながらしょうがの成分で排泄を促す効果もあるんです。
とにかく、しょうが紅茶を飲む!甘いジュースの代わり、お茶やコーヒーの代わりにと水分をしょうが紅茶に代えました。
ポカポカがずっと継続していて、おトイレの回数を増えました。また、暴飲暴食がなくなり、食欲を抑えれるようになりました。
身体が疲れているときには、黒砂糖を多めに入れるんです。甘くて、ほっこりした気持ちになり癒されます。
しょうがにも色々あるので生や乾燥粉末・チューブなど、どのしょうががいいのか悩むと思います。
ですが私は、どのしょうがでもいいのでとにかくこだわるよりも実践した方がいいように思います。
飲まないより飲んで、できることをできる時にする、というスタンスで飲み続けると結果が出てくるように感じます。
ただ、粉末の方が乾燥させているので効果をより得られるという話は聞いたこともあります。
私も使っていたことがありますが、すりおろす手間も省けて便利です。色々と、使い分けながら摂りいれることをおすすめします。

飲み始めて一か月くらいですが、しょうが紅茶を飲み続けていて身体の芯から温かさを感じています。夏はさらに暑さを感じて大変ですが、時にはクールダウンで冷たい物も飲みながら過ごしています。
体重の変化は目に見えてハッキリと現れていませんが、身体の中から体質改善するつもりで、無理なダイエットをしてリバウンドするより、ただ飲み物を代えるだけのダイエットを気長に続けていこうと思っています。
私の朝の日課は、まず白湯を飲み、次にしょうが紅茶を作って飲むというスタイルです。でも、その日の状況に合わせてアレンジを加えたり調節したりしながら楽しんで飲んでいます。元々、ダイエットを繰り返している私にとって冷え性や代謝が悪いのも悩みです。食事や運動でまた失敗してしまうよりも、できることを取り入れて楽しくダイエットを続けていこうと思っています。

ダイエットにおいてストレス過食を抑える方法

ダイエットを長いこと続けていると、習慣になっていくのはもちろんのこと、今までダイエットをしてきませんでしたので習慣になる前にストレスを感じたりドカ食いをしたりしてしまうことがあります。
私が現にそうで、目標体重近くまで落とせたのにそこで安心してしまいダムが崩壊しドカ食いをしてしまったのです。
毎月体重をこれくらい落とすことができるから逆算してこれくらいなら過食しても大丈夫だろう、というのを毎日続けてしまったのです。
明日から摂生すれば大丈夫明日から摂生すれば大丈夫、と思い毎日の過食です。結果リバウンドしてしまい、再度ダイエットを始めようにも体と心のモチベーションが保てなくなってしまいました。
一回食べるとスイッチが入ってしまうのです。腹八分目では我慢できずお腹いっぱいになるまで、たまにはお腹いっぱいになってもまだ食べて気持ち悪くなってしまうときもありました。
自分で自分が嫌いになってしまいましたし、それを改善したかったのです。
そこでダイエットを始めるときに、自分なりの過食予防を作ることにしたのです。
まずはネットなどでよく見る、食事の前に水を一杯飲むことです。最初はこんなの参考にならないよ、と思っていたのですが、自分のなかで「水を一杯飲むことで過食を抑えることができる」という決め事を作ると心も自然とそれにしたがってくれるようになりました。
そしてこれは私だけかもしれませんが、お茶を飲むと空腹がまぎれるのです。
水などはあっという間に空腹を誘ってくるのですが、お茶特に日本茶は長時間空腹を感じさせないのです。
自宅にいる場合は自宅で沸かしたお茶を、外にいる場合はペットボトルのもので大丈夫でした。
それでも絶対過食しない、というわけではなくたまに過食はしてしまうのですが、今までのダイエット中に比べて過食は格段に減りました。
私の場合、味のガツンとしたものを食べたいという欲求が強かったのでしょうか、酢昆布や低カロリーの甘いアイスなどを食べることで満足することができ、過食がどんどん抑えることができるようになってきたのです。
味の薄いものや歯ごたえのないものだとどうしても食べたという満足感がなく、それが過食につながっていたようです。
最近では歯ごたえのあり尚且つ低カロリーなおからクッキーなどを食べるようにし、過食を予防したり、過食しそうになったときにはとりあえずおからクッキーを食べて三十分我慢してみよう、と自分に言い聞かせ我慢するようにしています。
すると、意外と過食は抑えられ、運動を続けていたときよりもダイエットが捗るようになってきました。