Monthly Archives: April 2017

無理をしないで継続できるダイエットを求めて。

私は北海道在住の56歳男性です。
40歳の誕生日の時に人生で初めてのダイエットをしました。

私は高校生の時から60kg~61kgの範囲で体重を維持してきました。
25歳位までは食べすぎても新陳代謝が良かったので、何もしなくても自然と60kgの体重に戻っていました。
もともとそんなに太りやすい体質ではなかったので、自分自身の体型を意識するような生活は送っていませんでした。

そんな私の体型に変化が出始めてきたのは、35歳を過ぎた頃からでした。
30歳位までは会社の野球チームに入っていて、適度な運動をしていましたが、野球をやめてからは食べる量は変わっていないのに運動量が一気に減ったこともあって、36歳の頃には体重が72kgになっていたのです。

そしてテレビの健康番組でもよく耳にするようになった”メタボリックシンドローム”の見本のような体型になっていました。
太り出す以前のウエストは78cmでしたが、その頃のウエストは95cmにまで広がっていたのです。
それでも食べたいものを好きなだけ食べる生活を続けていた私は、とうとう人間ドックで引っかかってしまいました。

血糖値はやや高めくらいだったのですが、中性脂肪の値がものすごく高くなっていたのです。
中性脂肪の平均値は30~149なのですが、その時の私の数値は680もありました。
検査に行った病院の先生からは、「このまま対処しないで放っておくと膵炎の危険性が高くなります。」と言われました。

私は自分はまだ全然大丈夫だと勝手に思っていました。
「病気になる前に生活習慣を改善していかないとダメだ!」と真剣に思いました。
そして40歳の誕生日を私のダイエットスタート日に設定をして、生活習慣の改善に取り組むことにしました。

やるからには一時の成果で一喜一憂しないように、ダイエットの失敗でよくあるリバウンドにならないように、きちんとした目標値を決めて継続できる内容にしました。それは短期間で体に負担のかかる無理なダイエットをしないということです。

世間でよく聞く「〇〇ダイエット」という、単品の食材だけを食べてそれ以外は食べない偏り過ぎたダイエット法には手を出さないことです。
これは我慢と苦痛の度合いが高いので、長続きはしないし逆に体に悪いと思いました。
私のダイエット法は、食べたいものを食べながら継続できる内容にしました。

「こんな都合の良いダイエット法なんてあるわけが無い!」という人がいますが、間違いなく出来るんです。
私はダイエットの期間を次の誕生日までの1年間に設定しました。
開始から半年経過した時に中間チェックをして、残り半年の取り組み方を見直すというやり方です。

私の目標!40歳ダイエット開始時のウエスト105cmを1年後には80cmにする。
中性脂肪値720を1年後には標準値にする。
日々の食生活の中で自分で気が付いていた不味い点を修正することから始めました。

■食べ過ぎをやめる。
いままで満腹感を得るまで、食べれるだけ食べていました。
早食いは止めて、ゆっくりとよく噛んで食事を摂るようにして腹8分目を意識する。

■脂っこい食事の頻度を減らす。
焼肉やステーキといった脂っこい食事の回数を最初の半年間は今までの半分に減らして、後半の半年間は1/3に減らす。
週に3度のペースで食べていたラーメンを週1回にする。

■魚料理の頻度を脂っこい食事を減らした分増やす。
納豆は最低1日1パックは食べる。
食べられない時は豆腐を食べる。

以上の3点です。
食べる量が減ったくらいで食べることを止めたわけではないので、ほとんどストレスは溜まりませんでした。
そうしてダイエットを開始して半年後の中間チェックでは、予想以上の成果がでました。

105cmあったウエストが88cmまでになっていて、中性脂肪が390まで下がっていたのです。
この結果を踏まえて、修正することなく当初の計画通り進めることにしました。
そして1年経った誕生日に検査にいった結果をもらってきました。

結果はウエストジャスト80cm。測ったように目標通りでした。
そして、いちばん気になっていた中性脂肪値は156でした。
これは目標の正常値より7オーバーで達成は出来ませんでしたが、あと僅かなところまできました。

私は現在56歳ですが、その後もこの食生活は続けていて、今ではウエストも78cm、中性脂肪値は140で正常値です。